ブロックチェーンエンジニアとは?求人や給料など気になったので調べてみた

こんにちは!ボチオです。

先日、この記事を書いている時に出会ったのが「ブロックチェーンエンジニア」という言葉。

仮想通貨取引所を運営している会社のうち、数社はブロックチェーンの技術開発も行なっていました。
これからは仮想通貨だけでなく、幅広い範囲で応用されていくであろうブロックチェーン。
間違いなくその技術基盤を支える人材の需要も高まってくるはず。

※まとめ記事ですが、参考にさせていただきました。

最近は、データサイエンティスト、機械学習エンジニア、VRエンジニアなどが新たな職種としてトレンドとされていました。
これらの職種に加えて、ブロックチェーンエンジニアが注目を浴びるのも時間の問題かも。

ということで、ブロックチェーンエンジニアについて気になったので、調べてみました!

ブロックチェーンエンジニアとは

ブロックチェーン技術を用いてサービスを構築するエンジニアのことのようです。

ブロックチェーンの基本的な仕組みはこちらを参照。

もともと自分も大企業向け基幹システムのエンジニアをやっておりましたが、ブロックチェーンの具体的な技術については全然分かっておりませ、、、色々と進化しすぎ!

どうやら分散の仕組みを一から構築する、というよりはブロックチェーンを動かすためのフレームワークというものがあるみたいで、これを動かすためにコードを書くというのが一般的みたいです。有名なフレームワークには、「BitCoin」「Ethereum」「Hyperledger」などがあります。

勉強したい方は、よく以下の本がオススメされているので、読んでみるといいかも。

求人・転職

スタートアップがやはりメインのようです。特に仮想通貨取引所ですね。
今後、ブロックチェーンのコンサルなども増えていきそうです。

募集している企業は、

  • bitFlyer株式会社
  • テックビューロ株式会社
  • QUOINE株式会社
  • GMOコイン株式会社

などです。

社名非公開の求人も見受けられるので、他にも大手企業などが募集している可能性はあります。

が、まだまだ求人数としては少ないかも。

ブロックチェーンは技術としても新しいので、ブロックチェーンエンジニアになるためには、ベースとなるエンジニアとして力と、新技術を学び続けるポテンシャルと、両方が必要となりそうです。

待遇・報酬

今出ている求人はスタートアップが多いため、給料もどうしても低めに見えてしまいます。(それでも500万円〜)
これはブロックチェーンを用いてサービスを構築しようとしている企業自体がまだ少なく、労働需要が無いためだと考えられます。

これからは大手のコンサル会社やSIerも、どんどんブロックチェーン技術者を育成・採用しようとしてくるはずです。そうなるとまた状況は変わってくるかもしれませんね。

今後どうなっていくのか

個人的な予想ですが、もっと仕事が増えて求人も増えていくと思われます。

今は仮想通貨における根幹技術としてブロックチェーンが話題になっていますが、おそらく仮想通貨自体はブロックチェーンの可能性のごく一部。

以下の特徴を持つ、ブロックチェーン。

  • 全ての取引が記録される台帳
  • みんなで使えるが誰も改ざんできない

今後は、現時点でネット上では証明が難しいものや管理が行き届いていないものなど、ブロックチェーン技術で代替・解決されてくる気がします。

今後のブロックチェーン技術の進化・普及と、市場の盛り上がりが楽しみですね!