職場の人間関係ってめんどくさい!ストレスから解放されるための6つの方法

職場の人間関係めんどくさい

こんにちは。ボチオです。

仕事での人間関係って、なんであんなに疲れるのでしょうか。。

  • やる気のない同僚たちとの共同作業
  • 先輩同士の不仲を考慮した業務調整
  • 部下を潰して出世するパワハラ上司
  • etc…

ホント、人間関係なんか気にせずに、仕事に集中したい!という感じですよね。

当記事では、会社での人間関係を乗り越えるために、

  • 「職場の人とは一定の距離をおこう」という内容で3つ
  • とはいえ「仕事はやりやすいように環境を整えておこう」という内容で3つ

の計6つの方法を紹介していきます。

職場の人とは一定の距離をおこう

群れない
人間関係がめんどくさくない距離感、それは「仲が良いわけでも悪いわけでもない」関係なんです。

「あの人は自分とはちょっと違うコミュニティの人かも」

そう思ってもらえれば、特にめんどくさい人間関係に巻き込まれることはありません。

あなた自身も「仕事は仕事」と割り切って物事を考えられるようになるので、より冷静な態度と距離感で仕事に取り組めるようになります。

ランチは一人で行く

なんとなく人に誘われるがままに、もしくは以前からみんなと行っているという理由で、ランチについて行ったりしていませんか?

ランチタイムは、仕事において自分がコントロールできる貴重な時間です。

自分の意思で行動するようにしましょう。

ランチでは先輩や上司の愚痴が飛び交ったり、プライベートな話をし合ったり、人間関係をめんどくさくさせるウェットな話が多い傾向にあります。

職場では割り切ってドライに過ごしたければ、ウェットな会話に極力巻き込まれないのが吉です。

長期間ランチを断り続けるのであれば

「ダイエット始めたので、、、」
「筋トレ始めたので、、、」

など、適切な言い訳も用意しておきましょう。

飲み会に行かないキャラになる

職場での飲み会にも、断りづらいという理由でなんとなく顔を出したりしていませんか?

飲み会に参加すると、人の本性が見えたり、また余計なことを聞いたりするような、無駄に人との距離感を縮めてしまう機会が多くあります。

「A先輩とBさんは昔付き合っていた」
「CさんとD課長の間に、昔トラブルがあった」

などなど、余計なことを知ってしまったために業務でも気をつかってしまう、そんな状況にもなりかねません。

飲み会には基本的に参加しないのが、人間関係をめんどくさくさせないコツです。

どうしても難しければ一次会のみの参加にする、そうすれば周囲からそこまでとやかく言われることはありません。

仕事中に自分のことは開示しすぎない

チームで仕事をするような活発なコミュニケーションが必要な仕事だと、おしゃべり好きな人によく話しかけられたりします。

そんな時でも、あくまで話す内容は業務のことだけにすると良いです。

相手がオープンな性格だと、つい自分自身のことも話してしまいそうになりますが、あまり自己開示しすぎても無駄に距離が縮まるだけです。

余計なことを知らないようにするためには、自分からも余計なことは言わない。

これ鉄則です。

仕事はやりやすいように環境を整えておこう

職場環境
とはいえ人間関係をドライにしすぎると、逆に周囲の人とコミュニケーション取りづらくなり、ストレスになってしまいます。

距離感を取りつつ、通常の業務は回せるくらいに普段からコミュニケーションは取っておきましょう。

「何考えてるかちょっとわかんない、けど仕事はちゃんとできるし悪い奴ではなさそう」

これくらいのポジションを目指しましょう。

挨拶はしっかりする

特に明るく元気よく挨拶する必要はありません。

職場の人に分け隔てなく、きちんと挨拶をしましょう。

普段からちゃんと挨拶をしていないと、単に「コミュニケーションが取れない人」と思われてしまいます。

業務で必要な際は、苦手な人でも避けずに割り切って話しかける

怖い先輩や上司など、自分にとって苦手な人は職場に1人でもいるものかと思いますが、仕事上コミュニケーション必要であれば、避けて通れはしない存在です。

端的に、用件だけ済ませるようにしましょう。

ここで相手に、こちらの苦手感や避けている感が出ていると、相手もそれを感じ取れますし、コミュニケーションもよくない方向に進みがちです。

仕事は仕事

割り切ってコミュニケーションしましょう。

仕事はちゃんと真面目にこなす

人間関係を悪化させないためにも、仕事はきっちりこなしましょう。

職場のめんどくさい人たちに攻撃されないためにも、付け入るスキを与えないことが大切です。

仕事ができて成果も上げていれば、多少付き合いが悪くても、とやかく文句を言われることはあまりありません。

ランチでいつも一人だろうが、飲み会に参加しなかろうが、業務上必要あればしっかりコミュニケーション取っていれば、仲良くなろうとは思わないまでも、仕事で関係が悪化することはありません。

それでもめんどくさい時の対処法

人間関係めんどくさい
やれることはやっても、どうしても厄介な人というのは存在します。
そんな時は、組織的にも問題がある可能性があります。

組織の外にも目を向けて行動した方が良いかもしれません。

上司や信頼できる社内の人に相談する

上司が信頼できる人の場合は、ラッキーです。上司をうまく使いましょう。

パワハラ上司や使えない上司の場合は、会社内で信頼できる別の人に相談してみましょう。

この記事を読まれている時点で、上司はあまり役に立ってないのかもしれませんが、、、

社内の身近な人に相談して、アクションを起こしてもらえるに越したことはないので、まずは相談してみましょう。

上司に相談したけど特に動いてくれなかった、もしくは上司自体がめんどくさい人間関係の原因である場合は、上司の上司、または人事に直接相談してみましょう。

転職活動してみる

社内の人に相談しても、結局何も動いてくれない、変わらないことも多いです。

そんな時は積極的に、組織の外に目を向けると良いです。

今後の会社生活を少しでも楽にしておきたいなら、転職活動をすることを強くオススメします。

大事なポイントなのですが、

転職活動 ≠ 転職すること

であり、転職することだけが、転職活動の目的ではありません。

「自分はいつでも転職できる」

そう思えるようにしておくだけで、今のめんどくさい人間関係を、長い時間軸で捉えることができるようにもなります。

転職求人サイトのリクナビNEXTなら、グッドポイント診断という自己の強みを簡単に把握できるツールを無料で利用でき、またスカウト機能があるため自分に興味を持ってくれた企業から声がかかることもあります。

僕も転職するつもりがすぐになくても、いつもリクナビNEXTには登録していて、時折求人を眺めて組織から離れることについて考えていました。

僕自身も、豊富な求人を見て、また企業からのスカウトをもらい、自分でも転職できると自信をつけることができ、結果として仕事にも前向きに取り組めるようになった経験があります。

僕にとっての転職サイトは、まさに精神安定剤のような存在でした。

登録は無料なので、仕事にモヤモヤしている、まずは転職する気が無くても登録しておくことをオススメします。
>>リクナビNEXTの登録はこちら

さいごに

職場の人間関係に悩んで、疲れて、ストレスが溜まって。

それで本来発揮できるパフォーマンスが発揮できないのは、人生において貴重な“時間”というリソースを無駄にしていると言えます。

あなたのたった一度のかけがえのない人生。

職場の人間関係に悩んでいること自体が、とてももったいないことのように思えます。

悩んでいるなら、とにかく行動。

行動することでしか、悩みは改善できません。

  • 職場の人とは仕事以上の関係を持たず一定の距離をおく
  • 業務遂行上ストレスにならない範囲で、コミュニケーションは普段から取っておく
  • 社内の人に相談、または組織の外の感覚を保つため転職サイト(リクナビNEXT)にも登録しておく

すぐに取れるアクションばかりです。

ぜひ行動に移して、人間関係の悩みから自分を解放しましょう。