「職場で浮いてしまう。馴染めない。」←気にしないための5つの方法

職場で浮いてしまう。馴染めない。気にしない

職場での孤立に悩む、ぼっちなあなたへ。

みんなでワイワイ楽しそうにする同僚を横目に、どうしてもその輪へ入れず、どこか居心地の悪さを感じていませんか?

仕事が嫌だ、辛いと感じていませんか?

しかし、職場で浮いてしまうことは、ネガティブというより、むしろポジティブに働くこともあります。

考え方次第で、職場に馴染めないことをチャンスに捉え直すことも可能です。

ここでは、職場での孤立を気にしないで済むような方法を紹介していきます。

職場以外の自分の居場所を確保する

趣味
仕事以外のコミュニティーに属していると、それだけで職場が“絶対”の場所ではなくなるので、心持ちが楽になります。

趣味仲間や家族、大学の友人など、職場以外の人たちとのつながりを持ちましょう。

定期的に職場の外の世界の人と触れ合うことで、「仕事はあくまで仕事。職場の人間関係なんて狭い世界のことだ。」と捉えることができます。

「あくまで会社は、自分の居場所の一つでしかない。」

そう思えることができたら、たとえ職場で孤立したとしても、特段気にならなくなります。

群れずに自分の仕事に集中する

群れない
職場でいつも同じメンツでランチに行ったり飲み会に行ったり。

そんないつも誰かと一緒でないと行動できない人は、能力的にも平凡で、どこか子供っぽい印象です。

本当に仕事ができる人は、群れずに自分の意思で行動します。

自信があるため他人の目を気にしておらず、自分の仕事に集中して成果を出します。

孤立すること・馴染めないことに関心すら持たないことが、できる人の条件。

このような考え方を持つと、職場で浮いてしまうと悩むこともなくなります。

めんどくさい人間関係に巻き込まれずに済んだと考える

めんどくさい人間関係
会社で人当たりよく過ごそうとすると、どうしても付き合いというものが発生します。

  • 上司の愚痴を言い合う同僚とのランチ
  • 行きたくもない部署の飲み会

時間もお金も無駄に削られてしまいます。

ただ、これらを断ることで浮いた時間やお金は、あなたが本当に使いたいことに充てられます。

孤立していることは、時間やお金といったリソースを比較的自由に使えるチャンスと捉えることもできます。

長い人生の中で現状を捉える

長い人生
気にしないとはいえ、社内で浮いてしまうと仕事もやりづらく、ストレスも溜まってしまうかもしれません。

ただ、そんなやりづらい時期もずっと続く訳ではありません。

時間が経てば、ストレスにならず通常の仕事が回せる程度、周囲に馴染めてくるものですし、定期的に異動がありチームの編成なども変わるはず。

また、仮に同僚から冷ややかな視線が送られようとも、それはあなたや同僚にとって人生のごくごく一部の出来事でしかありません。

もう10年経って振り返った時には、お互いにすっかり忘れていることかもしれません。

メタ視点で自分を客観的に見る

メタ視点
物事を冷静に捉えるためには、とにかくメタ視点を持つことです。

自分を幽体離脱させるイメージで、一つ上の次元から、職場で孤立している自分を観察してみます。

自分中心の視点を捨てて、よくよく考えて見ると

  • 冷ややかな視線が送ってくると感じていた同僚は、特段あなた関心を持っていないこと
  • 自分にとって会社は生活のごく一部であること
  • 群れていない自分こそ、むしろチャンスに恵まれていること

などに、きっと気づけるはずです。

さいごに

職場でぼっちでも特段気にすることなく、むしろチャンスだよ!

ということについてお伝えしてまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

職場に馴染めるように努力する、というよりは、浮いてしまっている現状をいかにポジティブに客観的に捉えられるか、というのが本記事の主旨でした。

もちろん職場に馴染めるようにがんばっても良いのですが、実は馴染めたところで大して良いことはありません。

馴染むための努力は、短期的にはもちろん仕事がやりやすくなりますし楽しいのかもしれませんが、長期的に見れば逆にストレスが溜まってしまいます。

であれば、職場の孤立のことに関心を持たない、という考え方が重要になってきます。

ぜひあなたも、本記事で紹介した方法を実践して、自信を持って自分の仕事に取り組んでくださいね。