「仕事辞める」を「逃げ」にしないための5つのポイント

仕事辞めるは逃げることか

  • 仕事を辞めたいけど、「逃げ」になっていないか、、、
  • 転職したいけど、何か心に引っかかる、、、

「仕事を辞めてやる!」と思い立ったはいいけど、いざとなると自分が正しいのか不安になってくる、、、

そんなことはありませんか?

過去の僕もそうでした。

実際に「逃げかしれない」と心のどこかで思っている時の転職活動は、うまくいきませんでした。この時は、結局仕事を辞めてはいません。

逆に、退職や転職がスムーズに進む時は、自分で「これは逃げじゃない」という納得感を持っていました。

過去3回の退職・転職経験から、前向きに次に進むためには、この「納得感」が大切だと気づきました。

当記事では、仕事を辞めることを「逃げ」ではなく「次に進むための大事な一歩」にするための行動を紹介します。

どこか後ろめたい気持ちを前向きにし、逃げではないという「納得感」を持って次に進みたい方は、是非ご覧ください。

仕事を辞めたい理由を分析する

考える
仕事を辞めたい理由と一口に言っても、色々あります。

  • 給料が低い
  • 残業が多い
  • 評価されない
  • 人間関係に疲れた
  • 仕事に飽きた
  • etc…

人によって会社を辞める理由も全然違います。

仕事は好きなんだけど人間関係が最悪で耐えらず辞める人や、逆にとても良い人ばかりの職場なんだけど仕事内容がつまらなくて辞める人など。

単純化して書いていますが、本来であれば色んな要因が複雑に絡み合って、「辞めたい」と思うに至ったのではないかと思います。

自分が「仕事辞めたい!」と思っている理由を、一つひとつ紐解いて深掘ってみましょう。

  • 仕事辞めたいと思ったきっかけは何か。
  • 一番大きな要因は何か。
  • それがなぜあなたにとって大きな要因なのか。
  • 本来であれば、どうありたいのか。

今一度整理してみてはいかがでしょうか。

自分の気持ちやその理由を正しく理解して言語化しておけば、無駄に他人と比較するして消耗することもありません。

自分自身が至らなかった点は反省する

反省
自身の仕事を振り返ってみると、「これはさすがに辞めたくなるわ!」というエピソードも多いかと思いますが、「これは自分がよくなかったな」と反省すべき点がゼロということはないはず。

たとえどんなブラックな企業でも、会社が100%悪い、ということもないのではないでしょうか。
その企業をちゃんと調べなかったりブラック企業と見抜けなかったのは、自分自身です。

例えば、思ったように上司から評価が得られなかった時に、「この上司は見る目がない」というのは簡単です。

だけど、初めから全て他人や環境のせいにしていると、仮に本当に自分に落ち度があった時に、反省すべき点に気づけず成長が止まってしまいます。

あまり自分自身に対して悲観的になりすぎる必要はありませんが、客観的に見て自分にもっとできることはないのか、改めて考えてみてはいかがでしょうか。

しっかりと反省点も見えていると、「仕事辞めたい」という気持ちにも「納得感」を持つことができます。

感情を落ち着かせる

感情を落ち着かせる
「こんなブラックな会社じゃやってらんねぇよ!」
「上司が本当クソ」
「もう会社に行くのも辛い、、、」

もしかしたらあなたは、感情的になりすぎているかもしれません。

冷静さを失っては判断力も低下するため、「仕事を辞める」という大事な決断をする際には、落ち着いているべきです。

そのためにも、しっかり休み、落ち着くまで時間の経過を待ちましょう。

「仕事辞めたい」と感情的になっていても、時間をおくと感情もおさまってくる上、組織の体制変更や異動などで状況も変わってくるので、「仕事辞めたい」原因自体が取り除かれてくる可能性もあります。

感情が落ち着いてきて、それでもなお「仕事辞めたい」という気持ちが変わらないようであれば、それは「逃げ」ではないでしょう。

短絡的でなく長い時間軸で考える

長い人生
「仕事を辞めたい」という思いは、仕事での失敗や人間関係のもつれなど、あることをきっかけとしてで急に湧き上がってくるもの。

また仕事で辛い思いをしていると、どんどん余裕がなくなって視野が狭くなり、3~5年後といったちょっと先の未来について考えることすらできなくなってしまいます。

今、この仕事を辞めて。
辞めた後は、どうするのか。
1年後どうなっているか。
3年後、5年後、10年後はどうか。
後悔は本当にないか。

“今ここ”から一旦離れて、長期的な視点を持つと、より「納得感」を高めることができ、結果として前向きに次に進むことができます。

社外の人の意見を聞く

社外の人の意見
「仕事辞めたい」

この姿勢が「逃げ」かどうかは、あなたの今の職場での仕事への取り組み状況や、心持ち次第なところがあります。

あなた自身は、本人の意思に関わらず少なからず会社に染まっているはずなので、判断に何かしらのバイアスがかかっていると思って良いでしょう。

仮に上司や先輩に相談したとしても、彼らとしてはあなたに会社を去って欲しくないので、「それは逃げなんじゃない?」と、脅しのような言葉を投げかけてくる可能性もあります。

そこで、客観的目線を持った社外の人に相談、です。

家族や恋人、友人など、自分が信頼できると思う人に、相談してみましょう。

この際、自分にとって都合よく解釈しているところは、遠慮なく指摘してもらうように頼みましょう。

自分の「逃げじゃない」という納得感を高めるために、客観的な意見は非常に有効です。

「それは逃げじゃないよ!」と背中を押してくれたのであれば自信につながりますし、仮に「それはもしかしたら逃げかも」と言われても、本音で言ってくれているのであれば、それはそれでとても自分自身ありがたい言葉です。

家族や恋人、友達に相談しづらい場合は、転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントを利用する際の相談料は無料です。
仕事を辞めたい理由を率直に伝えて、それが転職活動の際に他社にも通用するような、客観的に筋が通った「逃げ」ではないものかどうか、ジャッジしてくれるでしょう。

初めて転職エージェントを利用される方は、とりあえず最大手のリクルートエージェントもしくはDODAに登録しておけば、間違いありません。

さいごに

仕事を辞めたいという思いが「逃げ」かどうか、一度気になってしまったら不安になってしまうかもしれません。

ただ一つ言えるのは、「逃げ」かどうかというのは、自分の納得感と関わりが大きいということ。

そのため、うーんうんと考えて結論を出そうとするより、行動して自分を客観的に見られるように外の視点を取り入れることが、より重要になってきます。

まずすぐに行動を起こして、ネガティブな自分にさよならしましょう!

あなたが安心して次に進めるよう、応援しております!