会社をズル休みしたい。そう思った時点で休むべきです。

会社ズル休み

明日仕事か、、、

日曜日の夜からどんどん憂鬱な気持ちになっていって、、、

月曜日の朝

どうしても会社へ行く気が起きない、、、

そんなあなたへ

体が重くて、なかなか会社に行く気にもなれず、このままサボってしまいたいなーと思ったこと、ありませんか。

僕も仕事に対するやる気がどうしても起きないことがありました。

そんな時は、割り切って休むに限ります。

会社をズル休みしたいと思った時点で、そうあなたが思うだけの原因があることが大半です。

当記事では、ズル休みしたいんだけど勇気がない、そんなあなたがズル休みに後ろめたさを感じないよう背中を押させていただきます。

会社を休んでしまいたいと少しでも思ったことのあるあなたは、ぜひご覧ください。

会社をズル休みしたいと思う理由は何か?

考える

  • 仕事が楽しくて楽しくて仕方のない人。
  • 仕事が順調な人。

このような人たちは、決して会社をズル休みしたいなんて思わないはずです。

逆に、

  • 職場の人間関係に疲れた、、、
  • 仕事内容がつまらない、自分に向いていない、、、

といった具合に、何か仕事にストレスを感じているからこそ、会社をズル休みしたいと思うはず。

会社をズル休みしたいと思うのは、自分が今の仕事に満足していないサインです。

そのサインを無視して、無理して会社に行くこともできますが、それでは実は根本解決になりません。

しっかり原因を認識する必要があり、そのためにも休息は必要なのです。

ズル休みせずに会社に行ったとしても、パフォーマンスは上がらない

元気ない
多少のストレスであれば、仕事をしている以上みなさん同じように感じられると思います。

しかし、ズル休みしたいというのは、それなりのストレスです。

ストレスに対する耐性は、本当に人それぞれ。

同じ職場・業務でも、それらをストレスに感じる人と感じない人がいます。

同僚がストレスに感じていなくとも、自分がストレスだと感じたならば、それが全て。

人と比較する必要はありません。

あなたがズル休みしたいと思った時点で、たとえ会社に行ったとしても、パフォーマンスが低下してしまうことは明らかです。

自分の心の声に耳を傾けるためにも、思い切って休むことは、むしろパフォーマンス回復のためにも良いことであり、それは会社も本来望んでいることです。

バレるか心配するのは無駄

心配すること無駄
基本的に「体調不良」と伝えたら、嘘だと疑われることはほとんどありませんし、本当かどうかを確かめられることもありません。

普段元気そうなのに、あまりにも頻繁に「体調不良」と突然休んでしまうと怪しいかもしれませんが、それでも本当かどうかを確実に知ることはできないので、バレることはまずないでしょう。

下手に「身内の不幸」という理由を使っても、ボロが出てしまう可能性もあるので、あくまで自分の「体調不良」を言い訳とするのが○

もちろん、いきなり休むと職場には迷惑がかかってしまうのは承知の上です。

無断欠勤はせずに、きちんと職場には「体調不良のためお休みします」と一報を入れましょう。

罪悪感を感じる必要はない

罪悪感感じる必要ない
真面目なあなたは「休んでしまうと同僚に迷惑がかかる、、、」と心配しているかもしれません。

しかし、考えてもみてください。

会社という組織で仕事をしている以上、自分が休んでも働いている人はいますし、むしろ誰かが急に休んでも良いように会社が存在している、という側面があるのも事実です。

僕も何社か実際に勤めてきた経験がありますが、急に誰かが休んでも、結局なんとかなるものです。

「いやいや、それでもやっぱり急に休んでしまうと同僚に申し訳ないし、そもそも休める空気ではない」

そんな方は、もっと長い時間軸で考えてみましょう。

あなたが急に1日休んだとして、それが同僚の方々の長い人生にとって、どれだけのインパクトがあるでしょうか。

あなたのたった1回きりの貴重な人生において、同僚など他人の目を気にする必要は本当にあるのでしょうか。

会社をズル休みしたいと思うのは、職場や仕事内容があっていないからかもしれない

休みたいと思う日が続く場合は、今の仕事とあなたの希望とが根本的に噛み合っていない可能性が高いです。

  • 同業他社に転職して職場の雰囲気が変わっただけでストレスから解放される人
  • 未経験から全くの異業種に転職して、大活躍している人

そんな人たちも世の中にはたくさんいます。

会社をズル休みしたいと思う背景には、必ず原因があります。

思い切ってお休みして、ご自身の仕事について見つめ直す時間をとってみてはいかがでしょうか。