【書評】いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン。今更読んだ感想

こんにちは!ボチオです。

ビットコインとかブロックチェーン関連の本って色々ありますよね、、、
なんか手にとって読んでみたいけど、どれ読めばいいの!って思われる方も多いですよね(゚∀゚)

そんな本の中でもビジュアル的に目立つ本がこれ!

ふらっと立ち寄った本屋の、金融関連の所に置いてあるこれです!

大丈夫。黄色い目立つ本というだけでなく、中身もしっかりしております。

どんな本なのか?なことを誰が書いているのか?

簡単に紹介してみたいと思いますー!

書いている人「大塚雄介」さんについて

著者は大塚雄介さん。仮想通貨取引所を運営しているコインチェック株式会社のCOOです。の紹介文から、一部引用します。

1980年群馬県生まれ。早稲田大学大学院修了後、物理学修士号取得。リクルートから分社独立した株式会社ネクスウェイでB2B向けITソリューションの営業・事業戦略・開発設計を経験の後、レジュプレス株式会社創業(2017年4月よりコインチェック株式会社に社名変更)。現在、取締役COOを務める。

コインチェック株式会社は、創業当初から『STORYS.JP』というWEBサイトを運営していたりします。あのビリギャルが生まれたサービスですね。

『STORYS.JP』の事業が黒字化し、別の事業でより価値を世の中に提供していこうという流れで『仮想通貨』関連の事業が立ち上がったみたい。

<参考>大塚雄介さんのキャリアインタビュー記事書いてある内容はどんなの?

ざっくりいうと

  • 仮想通貨全般の基礎知識
  • 仮想通貨のこれまでの発展の経緯
  • 仮想通貨を支えるブロックチェーンの仕組み
  • フィンテックとの関連性

について書かれています。

タイトルに“ビットコイン”って入ってますが、そこは大丈夫。んとビットコイン以外の仮想通貨についても全体的に押さえられています。受けしやすいように、本のタイトルを考えてつけたのかもしれませんね。

他の仮想通貨入門書との大きな違いでいうと、フィンテックという文脈の中でも仮想通貨・ブロックチェーンについて触れられていること。通貨以外の金融サービス、住宅ローンとか保険販売、銀行間の送金システムなどを例にとって、今後ブロックチェーンがどのように金融業界を変えていくかについて言及されています。

あと大事なのが、著者の大塚さんが携わるコインチェック以外の取引所についてもちゃんと公正に紹介されている点! あくまでコインチェックは日本の主な仮想通貨取引所の一つ、というスタンスでした。

どんな人にオススメか

基本的には初心者向けです。 仮想通貨とかビットコインとかブロックチェーンとか、単語は聞いたことあるけどよく知らないんだよね、という人が読んだらいい本だと思います。

仮想通貨投資を既に始めていて、もっとがっつり稼ぎたい!という方には向かないかも。

タイトルに“いまさら聞けない”とありますが、出版されたのって2017年の3月とかなんですよねー流れの速い仮想通貨界隈において、情報の鮮度とかどうなの?って思われるかもしれませんが、そこも捉え方によっては大丈夫。

ブロックチェーンや仮想通貨時代の基礎知識って今のとこ変わらないですし、これまでの流れは押さえておいて損はありません。、仮想通貨のトレンドについてはTwitterとかニュースとかでチェックすると良さげ。

まとめ

出版から半年以上経って今更読んでみましたが、文量250ページくらいの割にサラサラ読めました!や公正がわかりやすいのと、ちょっと複雑な概念チックなところは図解されており、著者の頭の良さが垣間見える良書でした。

まだ読んでない方は是非読んでみてください!

ではでは、この辺で失礼します!

おまけ

こちらもオススメの仮想通貨関連書籍!
oko2 responsive]ell][/cell]ell][/cell]yoko2]box]

著書の大塚雄介さんが取締役COOを務めるコインチェック!メインの仮想通貨取引所として使わせていただいてます。が簡単なので初心者には特にオススメです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin