【書評】『好きなようにしてください』(著:楠木健):キャリアに正解はない!

こんにちは!ボチオです。

好きな著者の一人に楠木建さんがいます。

楠木建(くすのきけん)

東京都目黒区生まれ。南アフリカ共和国ヨハネスブルグで子供時代を過ごす。1987年一橋大学商学部卒業。1989年同大学院商学研究科修士課程修了。一橋大学商学部専任講師、同助教授、一橋大学イノベーション研究センター助教授、ボッコーニ大学ビジネススクール(ミラノ)客員教授、一橋大学大学院国際企業戦略研究科准教授を経て、2010年より現職。※Wikipediaより引用

一橋大学の教授ですが、すごくゆるいというか硬くなく、柔軟な思考が著書やコラムなどからも伺えます。

自分は一度直接セミナーに参加する機会がありましたが、とにかくプレゼンが面白い!
イノベーションに関するセミナーでしたが、スライドはシンプルながらも話に引き込まれる引き込まれる。会場の笑いも絶えない感じでした。イノベーションの概念についてわかりやすく説明いただいたことを鮮明に覚えております。

で、そんな楠木建さんの著書の中でも、直接的にキャリアに役立ちそうな本が『好きなようにしてください―――たった一つの「仕事」の原則』です。

「好きなようにしてください」ってどんな本?

ビジネスに特化したニュースキュレーションサービス「NewsPicks」で連載された「楠木教授のキャリア相談」を書籍化したものです。キャリア相談は全50回分掲載されており、基本的にはその全ての回答が「好きなようにしてください」。相談者に対して、鋭い切り口にユーモアを交えて回答します。

この「好きなようにしてください」という言葉はキャリアにおける本質を突いており、すごく読んでいてすごく納得感がありました。一貫しているのは「キャリアというものは極めて個人的な問題だ」という考え。だからこそ、自分が納得できればそれでいい。思い込みで進んでみよう。気の向くままにの川の流れに身をまかせてみよう。そんなメッセージが伺えます。

文章もとにかく面白い。笑えるんですよね、本当に。まさに楠木節炸裂な一冊。

楠木先生についてまとめた記事はこちら。
>>楠木建まとめ!オススメの記事や書籍などを紹介します
楠木建まとめ楠木建まとめ!オススメの記事や書籍などを紹介します

中身はどんな感じ?ちょっとだけ紹介

二十四歳の大学院生です。現在、大企業とスタートアップのどちらに就職すべきか迷っています。つい最近まで、第一志望の日本を代表する大企業に内定を取ることができ、そこに就職しようかと思っていました。しかし、ある伸び盛りのスタートアップ企業でアルバイトを始めたところ、仕事が面白く、すっかりはまってしまいました。その会社からもぜひ就職しないかと誘われています。

大企業に就職しても、面白い仕事はあると思いますが、希望の部署に配属されないリスクがあります。ただその一方で、最初からスタートアップに入るのは、自分の可能性を狭めるのではないかという不安があります。いまの日本では、大企業からスタートアップに行くことはできても、その逆は難しいので、まずは大企業で修行するのもいいと思っています。私はどちらに就職するのがいいでしょうか?

色々とツッコミどころのある相談内容ですが、確かに意識の高い若者あるあるな気もします。
これに対する楠木さんの切り返しがこちら。

どうぞ好きなようにしてください。すなわち、(いまのところ)あなたが好きで気に入っている「伸び盛りのスタートアップ企業」で仕事をするべきです。

これは「悪い意味でいい質問」の典型です。あなたは根本のところで間違っています。それは、自分の仕事を考えるときに、「仕事」ではなく「環境」を評価しようとしているところです。仕事の中身やあなたにとっての仕事の意味合いではなく、仕事を取り巻く環境に注目して、ベンチャーと大企業とどちらがいいかを比べている。あなたの今の考え方は「環境決定論」になっている。ここに非常に単純な勘違いがあります。

相談者の背景や思考を見抜き、明快かつ独自のゆるい空気で回答しているところが◎

キャリアに悩んているなら一読の価値あり!気持ちが軽くなる

本書では様々な年代やキャリアの問題を抱えた相談者が登場しますが、どの相談内容も聞いたことがあるようなものが多く、参考になります。

読んで一番よかったなと思う点は、「好きなようにしていいんだ」という安心感。背中を押される感じで勇気をもらうわけではなく、思考を柔らかくして視野を広げてくれるイメージです。そもそものキャリアの問題や選択肢についても考え直させるような回答が多く、読んでいてとても気づきが多いです。

自分も定期的に読み直して考えを深めています。

それではこの辺で!